プラスチックの過去・現在・未来展…科学技術館

2011年12月22日(木)~12月25日(日)
日本におけるフェノール樹脂製造100周年を記念し、フェノール樹脂から始まるプラスチックの過去・現在を、各時代を代表する製品や出来事で紹介。

会期:2011年12月22日(木)~12月25日(日)
時間:9:30~16:50
会場:科学技術館1階(展示・イベントホール)2号館
http://www.jsf.or.jp/map/
入場無料 ※科学技術館の展示室(2階~5階)は入館料必要

■展覧会HP
http://www.plastic100th.jp/
■科学技術館
http://www.jsf.or.jp/

内容:
現代社会では、多種多様なプラスチック素材や製品が使われています。私たちの生活の隅々にまで行き渡ったプラスチックですが、その本格的な歴史は1907年、米国のレオ・ヘンドリック・ベークランド博士が、大量生産を可能にしたもっとも古いプラスチックとされるフェノール樹脂(ベークライト)*を実用化した年にさかのぼります。日本では1911年に、タカジアスターゼの発明者としても知られる高峰譲吉博士を介し、ベークランド博士からフェノール樹脂の日本特許の専用実施権を受けた三共合資会社で試作製造が開始されました。この事業を継承したのが日本ベークライト、現在の住友ベークライト株式会社です。本展は、日本におけるフェノール樹脂製造100周年となる記念すべき年において、フェノール樹脂から始まるプラスチックの過去・現在を各時代を代表する製品やできごとを紹介しながらたどり、またプラスチックが開く新たな未来を展望しようとするものです。さあ、プラスチックの世界へようこそ!
(展覧会HPより)
http://www.plastic100th.jp/

12/14/2011