北京故宮博物院200選…東京国立博物館

2012年1月2日(月・休)~2月19日(日)
日中国交正常化40周年、東京国立博物館140周年。明朝、清朝の皇帝コレクションを受け継ぐ北京故宮博物院の名宝200件を展観。

会期:2012年1月2日(月・休)~2月19日(日)
休館日:月曜日(ただし1月2日、1月9日は開館)、1月10日(火)
時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:東京国立博物館平成館
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=113
観覧料:
一般1500円
大学生1200円
高校生900円
中学生以下無料
障がい者とその介護者一名は無料

■東京国立博物館
http://www.tnm.jp/

内容:
日中国交正常化40周年を迎える2012年、東京国立博物館は北京故宮博物院の名品展で幕を開けます。
明時代の永楽帝(えいらくてい)から清時代の宣統帝溥儀(せんとうていふぎ)まで24人の皇帝が居城とした紫禁城(しきんじょう)に由来する北京故宮博物院は、壮麗な宮殿建築と180万件を超えるコレクションを誇ります。
この展覧会では、それらの貴重な文物から選りすぐりの名宝200件が出品されます。二部で構成されるうち、第1部では、今まで門外不出とされていた宋・元時代の書画41件(一部展示替あり)の展示をはじめ、宮廷絵画や文人画の名品、書のファン必見の宋三家、元代文人の名品を一挙公開します。青銅器や玉器、陶磁器、漆器、琺瑯器、染織品といった多彩な分野の傑作も揃う、まさに北京故宮展の決定版というにふさわしいラインナップです。第2部では、清朝最盛期を築いた乾隆帝の4つの肖像画を軸に、清朝の豊かな世界観を読み解きます。数々の名品とともに描かれた肖像画「是一是二図」を、現存する作品によって再現するコーナーも必見です。
中国文明の粋が凝縮された「皇帝のコレクション」をぜひご堪能ください。
(東京国立博物館HPより)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1418

12/19/2011