生誕450年記念 上田宗箇 武将茶人の世界展…ひろしま美術館

2012年2月11日(土)~3月25日(日)
武将茶人上田宗箇の美意識を利休や織部と比較しながら分かりやすく紹介。また展示室内に宗箇の茶室も再現する。

会期:2012年2月11日(土)~3月25日(日)※会期中無休
時間:9:00~17:00(入館は閉館30分前まで、2月11日は10時から開会式、終了後開場)
会場:ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/access
入館料:
一般1200円
65歳以上900円
高大生900円
小中生無料
障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名無料

■ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/souko

内容:
茶道「上田宗箇流」は、織田信長や豊臣秀吉の家臣団に加わる武将でありながら、千利休、古田織部の流れを汲む茶人でもあった上田宗箇(1563-1650)が興した流派です。また、この宗箇が残した茶道とさまざまな文化財は、焦土と化した広島の地にあって唯一桃山の文化・美を今に伝える貴重なもので、多くの武家茶が途絶えてしまった後も脈々と続けられ、全国的に見ても極めて文化的意義のあるものとして評価が高まっています。
今回の展覧会では、上田宗箇の武将としての人となりはもちろん、強く影響を受けながらも利休や織部とも異なった美意識を獲得した宗箇の茶の世界を、両者と比較しながら分かりやすく紹介するものです。なかでも、展示室内に再現した「茶室」は、宗箇の美意識の極致です。重要文化財を含む美術品の数々とともに、宗箇の美の世界をご堪能ください。
(ひろしま美術館HPより)
http://www.hiroshima-museum.jp/souko_gaiyou

01/11/2012