Gerda Steiner & Jörg Lenzlinger -Power Sources…水戸芸術館現代美術ギャラリー

2012年2月11日(土)~ 5月6日(日)
各地を移動しながら制作を続けるスイスの作家、ゲルダ・シュタイナーとヨルク・レンツリンガーによる個展。

会期:2012年2月11日(土)~ 5月6日(日)
時間:9:30~18:00(入場は閉館30分前まで)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
http://arttowermito.or.jp/service/service01d.html
入場料:
一般800円
中学生以下無料
65歳以上無料
障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名無料

■水戸芸術館
http://arttowermito.or.jp/index.html

内容:
本展は、ダイナミックなインスタレーションで知られるスイスの現代アーティスト、ゲルダ・シュタイナーとヨルク・レンツリンガーによる過去最大規模の個展です。

1997年より活動を共にしている二人は、人間の営み、生命の神秘や驚異、身体や精神と環境との関係に強い関心を寄せ、インスタレーション、コラージュ、写真、オブジェや、会期中成長し続けるクリスタルなど、幅広い作品を発表してきました。なかでも、展覧会場のためだけに毎回異なるテーマで展開されるサイトスペシフィック・インスタレーションは、その土地にまつわる伝承、風俗、思想などの目には見えない無形の文化を表出させることで知られ、訪れる人から常に高い人気を集めています。

ゲルダとヨルクの詩的で奇妙な世界は、鑑賞者が疲れることなく、作品の一部となってゆったり鑑賞できるためのさまざまな仕掛けやアイデアであふれています。また、文化、心理、化学、生物など分野を越えた多角的な切り口をもつことで、鑑賞者が作品との接点を見つけやすく、個々人のもつ関心や視点、自由な見方で、おもいおもいの楽しみ方ができるのも、二人の作品の特徴です。

本展開催のためにゲルダとヨルクは水戸に1カ月以上滞在し、自らの足でできる限りこの土地を探索しながら、または地域の人々との交流をとおして、3.11を経た日本の社会状況を、最新のインスタレーションに反映させます。それは単に現状を形におこすことではなく、輪の中にいる私たちには見えない現象を表現した新しい日本文化地図となることでしょう。
(水戸芸術館現代美術ギャラリーHPより)
http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=115

01/17/2012