大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美…サントリー美術館

2012年1月28日(土)~4月1日(日)
国宝2件、重要文化財13件を含む東洋陶磁の名品約140件を紹介。

会期:2012年1月28日(土)~4月1日(日)
休館日:火曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日(水)
時間:10:00~18:00(金・土~20:00、入館は閉館30分前まで)
 ※2月11日(土・祝)、3月19日(月)は20時まで開館
 ※3月24日(土)は六本木アートナイト2012のため23時まで開館
会場:サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/access/index.html
入館料:
一般1300円
大学・高校生1000円
中学生以下無料
※3月24日(土)、25日(日)は「六本木アートナイト割引」のため一般および大学・高校生は一律500円

■サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/index.html

内容:
大阪市立東洋陶磁美術館は、住友グループ21社から国宝2件、重要文化財12件を含む「安宅コレクション東洋陶磁」寄贈の申し出を受けて大阪市が建設したもので、1982年11月に開館しました。以来、中国・韓国の陶磁器を中心に、多くの個人コレクターからの寄贈作品が加わり、現在では収蔵品の質・量ともに国内随一を誇ります。本展では、2012年に開館30周年を迎える大阪市立東洋陶磁美術館の収蔵品約4,000件から、国宝2件、重要文化財13件のすべてを含む東洋陶磁の名品約140件を厳選してご紹介します。中国陶磁と韓国陶磁は、日本人になじみの深い海外古陶磁の代表格であり、長きにわたって日本陶磁が大きく影響を受けてきたことは言うまでもありません。日本の古陶磁愛好者は陶磁器の姿に時として人格や精神性をも見出すほど惚れ込んだのでした。誰もが知る名品から久々の公開となる逸品まで、東洋陶磁の美をあらためて発見することができるでしょう。
(サントリー美術館HPより)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol07/index.html

01/20/2012