くらしとデザイン『暮しの手帖』花森安治の世界…島根県立美術館

2012年2月24日(金)〜4月9日(月)
『暮しの手帖』の編集長を長年つとめた花森安治の生誕100年を記念し、その仕事を紹介。

会期:2012年2月24日(金)〜4月9日(月)
休館日:火曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日(水)
時間:2月:10:00~18:30 、3-4月10:00~日没後30分(入場は閉館30分前まで)
会場:島根県立美術館
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/ja/access/access.html
観覧料:
一般1000円
大学生600円
小・中・高生300円
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添人は無料

■島根県立美術館
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/index.html

内容:
現在も広く愛され続ける雑誌『暮しの手帖』は1948(昭和23)年に『美しい暮しの手帖』としてスタートしました。
創刊以来30年間編集長をつとめた花森安治は、編集のほか、取材・撮影・執筆・表紙画・挿絵・レタリング・レイアウトなど雑誌づくりの全てを手がけ、また広告のデザインやコピーの作成まで行う徹底した仕事ぶりで知られています。入稿原稿として制作された作品の数々は、どれもいまなおたいへん瑞々しく、花森が雑誌づくりに込めた熱い思いが伝わります。生誕100年を記念し、その魅力の全貌をご紹介いたします。
(島根県立美術館HPより)
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/ja/exhibition/kikaku_5.html

01/23/2012