生誕100年 ジャクソン・ポロック展…東京国立近代美術館

2012年2月10日(金)~5月6日(日)
ニューヨーク近代美術館やメトロポリタン美術館など世界の美術館からポロック作品が来日。絵画を中心に、素描、版画など約70点を展観。

会期:2012年2月10日(金)~5月6日(日)
休館日:月曜日(ただし3月19日、3月26日、4月2日、4月30日は開館)
時間:10:00〜17:00 (金〜20:00、入館は閉館の30分前まで)
会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
http://www.momat.go.jp/Honkan/map.html
観覧料:
一般1500円
大学生1200円
高校生800円
中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
※高校生無料日:2~4月の日曜日と2月11日(土・祝)、3月20日(火・祝)、4月30日(月・祝)

■展覧会HP
http://pollock100.com/
■東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/index.html

内容:
ジャクソン・ポロック(1912-1956)の生涯はまさにアメリカン・ドリームの明暗そのものでした。1930年代ニューヨーク、不安定な精神状況とアルコール依存に苦しみながらも研鑽を積んだポロックは、著名なコレクター、ペギー・グッゲンハイムに見出され、一夜にしてヒーローとなったのです。床に広げた大きなキャンバスに絵具をふり注いで描く「アクション・ペインティング」で、彼は全米的な注目を集めます。その成功の陰には妻リー・クラズナーの多大な献身がありました。絶頂期の1950年、歴史に残る大作が何点も生まれます。しかしそのわずか数年後、彼は自動車事故で流星のように去っていきました。
日本初の大規模なポロック回顧展となるこの展覧会には、初期から晩年にいたるそれぞれの時期の代表的作品を含む約70点が、海外主要美術館と国内美術館から出品されます。語られることこそ多かったものの、これまで日本では本格的な展覧会を見ることができなかった画家、ポロックの真の実像に出会える絶好の機会となることでしょう。
(東京国立近代美術館HPより)
http://www.momat.go.jp/Honkan/jackson_pollock_2012/index.html

01/27/2012