What’s an Icon of Style? 時代を彩るファッション…名古屋ボストン美術館

2012年3月17日(土)~5月27日(日)
シャネルやディオールなどのオートクチュール、ダイアナ妃やハリウッド女優の華麗なドレスなど。「ファッション・アイコン」をキーワードに、ボストン美術館所蔵の約160点を通してその魅力を紹介。

会期:2012年3月17日(土)~5月27日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00~19:00(土・日・祝~17:00、入館は閉館30分前まで)
会場:名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/information/access/index.html
入館料:
一般1200円
シルバー・学生900円
中学生以下無料

■名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/index.html

内容:
「ファッション」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。ショーウィンドーのすてきなドレス、街で目にする奇抜な格好、流行しては消えていくもの…
ファッションは時代を彩り、常に人々を魅了してきました。本展覧会では、シャネル、クリスチャン・ディオール、ジバンシイのオートクチュール、ダイアナ妃やハリウッド女優の華麗なドレスに加え、オードリー・ヘップバーン、ジャクリーン・ケネディ、そしてマドンナらのセレブリティーをモデルにした写真やイラストレーションなど、ファッションを象徴する「ファッション・アイコン(an Icon of Style)」をキーワードにその魅力に迫ります。米国ボストン美術館が所蔵する約160点の作品を通して、心躍るファッションの世界をお楽しみください。
(名古屋ボストン美術館HPより)
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/fashion-201203/outline.html

02/03/2012