ピラネージ『牢獄』展…国立西洋美術館

2012年3月6日(火)~2012年5月20日(日)
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージの版画連作『牢獄』第一版と第二版の計30点を展示。

会期:2012年3月6日(火)~2012年5月20日(日)
休館日:月曜日(ゴールデンウィーク(4月28日~5月6日)は開館)
時間:9:30~17:30(金曜日~20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:国立西洋美術館版画素描展示室
http://www.nmwa.go.jp/jp/visit/map.html
観覧料:
一般420円
大学生130円
高校生以下及び18歳未満無料
65歳以上無料
心身に障害のある方及び付添者1名無料

■国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

内容:
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージは18世紀イタリアを代表する版画家です。版画連作『牢獄』はなかでも最も有名な作品と言えるでしょう。とりわけ19世紀に入ると、ロマン主義の潮流の中で、この作品は多くの小説家のイマジネーションを刺激しました。その後も現在に至るまで、美術はもとより、建築や小説、さらには映画にも、刺激を与え続けています。
この連作には、その名の通り、牢獄の様々な情景が描かれています。もっとも、現実の牢獄を描いたものではなく、そこにあるのは空想の世界です。巨大な柱や梁、鎖、拷問の道具の数々や囚人たちが、思い切って引かれた力強い線や大胆な構図によって描かれます。
当館は『牢獄』第一版と、第一版に大きく加筆し、さらに二枚を加えて出版した第二版を所蔵します。第二版はピラネージが独立した1761年に作られたもので、明暗の対比が強まり、より劇的な印象を与えます。ピラネージはこの版で、時に自分の指や掌まで使って、版画の表現を追求しています。
今回の展示では第一版と第二版の両方、計30点を展示しますので、両者を見比べることで彼の構想の変化を追うことができます。圧倒的な迫力をもつ作品の数々をお楽しみください。
(国立西洋美術館HPより)
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/piranesi2012.html#mainClm

02/06/2012