版で発信する作家たち: after 3.11…CCGA現代グラフィックアートセンター

2012年3月1日(木)~6月3日(日)
福島県の版画家と、2006年から彼らと交流をつづけてきたポルトガルの版画家たちを紹介。

会期:2012年3月1日(木)~6月3日(日)
休館日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日を除く)
時間:10:00~17:00(入館は16:45まで)
会場:CCGA現代グラフィックアートセンター
http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/access/
入場無料

■CCGA現代グラフィックアートセンター
http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/

内容:
2002年から10年間にわたって毎年「版で発信する作家たち」展を組織してきた福島県の版画家たちと、2006年から彼らと交流をつづけてきたポルトガルの版画家たちによるグループ展を開催します。2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれにつづく福島第一原発の事故は、私たち現代人に社会や文明のあるべき姿を再考させるきっかけになりました。同時にそれは、福島に生きる版画家たちにとっても自らの創作活動の意味や目的の問い直しを迫られる出来事でした。本展では震災後に制作された新作も展示し、困難な状況にあっても版に向き合いつづけてきた福島の版画家たちの姿をご覧いただきます。あの日から1年が過ぎようとしているいま、福島は少しずつではありますが着実に復興へと歩み出しています。本展がそうした歩みを後押しする力となることを願ってやみません。
(CCGA現代グラフィックアートセンターHPより)
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=3&seq=00000563

02/10/2012