トータル・エンクロージャー: 徘徊少女と浮遊の園…十和田市現代美術館

2012年2月10日(金)〜2月26日(日)
東京芸術大学院美術研究科博士課程先端芸術表現専攻の高木久美が、インスタレーション、彫刻、ビデオ作品などの新作を発表。

会期:2012年2月10日(金)〜2月26日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
時間:9:00〜17:00(最終入場は閉館30分前まで)
会場:十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com/web/access.html
観覧料:
300円
高校生以下無料

■十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com/web/top.html

内容:
高木久美(1981- )は人間の存在とその肉体の神秘に関心を持ち、ラテックスゴムなどの伸縮素材、ポンプ、ファンなどの動力を素材としたインスタレーション作品を発表しています。「かたち」を作る彫刻家としての経歴を持ちながら、空気の流れ、引力など、作家自身には制御できないけれども、「もの」に必ず働いているちからを取り入れながら、変化し、揺らぐ「かたち」を作ることに興味を持ち、制作を続けています。今回の展覧会では《トータル・エンクロージャー(完全包囲):徘徊少女と浮遊の園》と題して、インスタレーション、彫刻、ビデオ作品などの新作を発表します。

高木久美:
1981年、東京都生まれ。東京芸術大学院美術研究科博士課程先端芸術表現専攻に在籍。主な個展に「VANITAS」Architects Office Gallery(東京・2011)、「イズモニオクミ」手銭記念館(島根・2008)、「肉とポンプ」Gallery Q(東京・2007)、グループ展に「MEMENTO VIVERE / MEMENTO PHANTASMA」在日フランス大使館(東京・2009)、「ART AWARD TOKYO 2008」行幸地下ギャラリー(東京・2008)がある。
http://towadaartcenter.com/web/exhibition.html

02/13/2012