開館30周年記念特別展 国立マイセン磁器美術館所蔵 マイセン磁器の300年…大阪市立東洋陶磁美術館

2012年4月7日(土)~7月22日(日)
開窯300年におよぶマイセン磁器。各時代の優品を一挙展覧。

会期:2012年4月7日(土)~7月22日(日)
時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(4月30日、7月16日は開館)、7月17日(火)
会場:大阪市立東洋陶磁美術館特集展示室
http://www.moco.or.jp/guide/map_01.html
観覧料:
一般1000円
高大生600円
中学生以下無料
身体障害者手帳などをお持ちの方

■大阪市立東洋陶磁美術館
http://www.moco.or.jp/

内容:
ヨーロッパにおける磁器生産発祥の地、ドイツ東部に位置するマイセン窯は、2010年に開窯300年を迎えました。これを機に、国立マイセン磁器美術館が所蔵する約230点の作品により、西洋磁器誕生のドラマと300年にわたる歴史の全貌を紹介します。
15世紀の大航海時代以来、香辛料や絹とともにヨーロッパに運ばれた中国製の磁器は、白く輝く堅牢なやきものとしてしだいに王侯貴族の心をとらえていきました。17世紀に始まった東インド会社による組織的な輸入により、高価な磁器は「白い金」とまで呼ばれ、王侯貴族や富裕層の熱烈な収集ブームが巻き起こりました。ザクセン選帝侯兼ポーランド王の「アウグスト強王」(選帝侯在位1694-1733)は、最も情熱的に磁器の収集を行った一人で、その熱意は自国での磁器製造へとむけられます。王の命令のもと、錬金術師ベットガー(1682-1719)が磁器の製法を研究し、1709年ついにその製法が解明されました。ヨーロッパ初の硬質磁器の誕生です。1710年には、王立磁器製作所がドイツ東部マイセンの地に開窯しました。その後も絵師ヘロルト(1696-1775)が色絵磁器の、彫刻家ケンドラー(1706-1775)が磁器彫刻の技術をそれぞれ完成させ、芸術性、造形性に優れた独自の作風を確立したマイセン窯は、他に類を見ない優れた磁器製作地としての評価を確固たるものとしました。以来300年、現在もなお盛んに生産を続け、その製品は人々を魅了してやみません。
本展では、磁器に先立つ中国の宜興窯(ぎこうよう)、徳化窯(とっかよう)の模倣作品に始まり、東洋への憧れを示す「柿右衛門写し」、「シノワズリ(中国趣味)」などの作品群、アウグスト強王が夢見た磁器の動物園のための大型動物彫刻、宮廷生活を彩ったロココ様式のフィギュリン(小型立像)、万国博覧会出品作、モダニズム期の斬新な作品群など各時代を代表する名品の数々が一堂に会します。東洋の「白い金」への情熱から誕生し、ヨーロッパの宮廷文化により育まれた、華麗なるマイセン磁器の美の世界をお楽しみください。
(大阪市立東洋陶磁美術館HPより)
http://www.moco.or.jp/exhibition/2011/06.html

02/29/2012