すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―…京都国立近代美術館

2012年4月7日(土)~5月13日(日)
1920年代に展開された美術の仕事を中心に、現存する村山作品と参考資料700点を一堂に。

会期:2012年4月7日(土)~5月13日(日)
休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)
時間:9:30~17:00(金曜日〜20:00、入館は閉館30分まで)
会場:京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html
観覧料:
一般850円
大学生450円
高校生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)無料

■京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/

内容:
当館は、村山知義(1901 – 1977)の代表作《サディスティッシュな空間》(1921 – 22)や貴重な版画作品、さらには村山編集の雑誌『マヴォ』(Mavo)などを収蔵し、これまでコレクション・ギャラリーで紹介してきました。
 このたび開催の運びとなった展覧会は、わが国「前衛」運動の騎手・村山知義の多彩な活動の足跡をたどるはじめての回顧展です。 村山はわずか一年のベルリン滞在で、当地に渦巻いていた「前衛」動向に感化され、帰国後1920年代のわが国の美術界に、その衝撃的な表現世界をもちこんだ人物として知られています。しかもその表現は、造形美術にとどまることなく、ダンスパフォーマンスや演劇人としての舞台の仕事をはじめ、最初期から手がけられた絵本のためのさし絵など、文化全般に大きな影響力を与えました。
 本展覧会は、1920年代に展開された美術の仕事を中心に、現存する村山作品と参考資料を一堂に会しながら、村山が活動した時代背景を伝える国内外の作品や資料とともに、その沸騰する創造のエネルギーをはじめて明らかにする好機といえるでしょう。700点を超える作品・資料を配し、下記の展覧会構成によって「村山知義の宇宙」を伝えます。
(京都国立近代美術館HPより)
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2012/390.html

02/29/2012